ふっくらヘアを目指して、ヘアドライの方法を見直しました

ヘアアレンジ講座で、よく聞かれる悩みのひとつとして、「細くて少なくてボリュームがない」という声があります。

髪そのものを太く多くする方法は、医療分野と思われるので私の担当外ですが、ヘアドライを見直すことでふっくら感に改善が見られる場合があります。

私もある日、自分の頭頂部を見て、「やばい」っと思って、焦りました。その後、あれこれいろいろお試しした結果、行き着いたのが、次のヘアドライの方法です。

ステップ1 タオルドライはていねいに行う

できるだけドライヤーの熱や風に髪を当てる時間は、短くしたいですよね。そのために重要なのが、「できる限り、水分をタオルに吸収させること」。上手にタオルドライが出来れば、ドライヤーを使う時間を短縮することが出来ます。

私は次のような方法でタオルドライをしています。

  1. 濡れた髪を絞る
  2. 髪の根元は、タオルで軽くつまむようにする(ひっぱらない)
  3. 髪の毛先はタオルで包み、軽くポンポンたたく(こすりあわせない)
  4. 髪の根元に両手の指を入れ、髪の毛をばらばらにほぐすようにする
  5. もう一度、2と3を行う

ポイントは、1と4。タオルを使う前に水分を絞り出すことタオルでざっくり水分が吸収された時点で髪をほぐすことの2点を心がけてみてください。

ステップ2 ドライヤーは必ず使う

自然乾燥がいいか、ドライヤーで乾かすのがいいか、いろいろな説があるようですが、ふっくらヘアのためには、ドライヤーは必須です。夜シャンプーしたら、寝ている間にぺたんとなっちゃうんじゃないの?と思うかもしれませんが、使用の有無で、翌朝の髪のふっくら度は全然違います。

ドライヤーは、髪がしっとりしてるところでやめるのがポイント。ぱさぱさになるまで当てるのは、乾燥のしすぎです。注意してください。

ステップ3 カールドライヤーを使う

カールドライヤーってご存知でしょうか?ブラシがついているタイプのドライヤーのことですが、その中でも、私は、「ハーフブラシ」という、半分ブラシがついているタイプのカールドライヤーを使って、最後の仕上げをしています。

私の髪は細くて少ない、いわゆる「ネコっ毛」で、通常のドライヤーだけだと、髪が絡まってぐちゃぐちゃになってしまうんですね。それでカールドライヤーで髪の流れを整えて、仕上げるようにしています。

まず、温風のカールドライヤーを、髪の根元を立ち上げるようにあて、大きな内巻きの半円を描くように動かします。全体に温風でドライヤーを当てた後、冷風でクールダウンしてあげると、髪にツヤが出ますよ。

夜のひと手間が翌朝の「らくちん」になる

上に書いたようなヘアドライを実践すると、翌朝のヘアのボリューム感が変わります。根元は立ち上がり、毛先はきれいなカーブを描いてフェイスラインを包みます。ヘアが整っているので、朝の準備が楽にもなります。夜乾かす時に「ちょっとめんどくさいな」と思う時もありますが、やらない翌朝は後悔するので、頑張って続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です