ワセリンの保湿力にハマる

寒い季節に増える受講生の悩み

冷たい風が吹き始めると受講生から必ず出てくるのが「顔の皮膚がめくれてきて困るんですー」というお悩みの声。

以前は20年以上愛用してきた美容液を薦めていたのですが、いかんせん40ml(大さじ2と2/3)で定価1万円以上とめちゃ高い。良いと思っても使い続けるのは大変かもという気持ちはあり、いいモノを探し続けていました。

そしてやっと、「これは」と思ったのが「白色ワセリン」。その理由は、私が長年悩んでいた「小鼻の皮膚めくれ」が落ち着いたからなのです。

子供の頃から悩み続けた肌トラブル

小鼻の皮膚めくれの悩みは中学生から始まります。思春期になり、鏡で自分の顔をよく見るようになった時、小鼻の皮膚が、消しゴムのカスのようにペリペリしてて実に汚いのに気づきました。あまりにひどいので、その皮膚をこすり取るように洗ってみたのですが、1時間もしないうちに皮膚はめくりあがり元の状態に。

そのまま時は経ち、化粧品を買うお年頃になった頃、カウンターで美容部員さんに「何かお悩みがありますか?」と尋ねられるたびに「この小鼻のめくれが気になります」と言ってました。が、それに対する美容部員さんの答えは、人が変わっても必ず同じ。「それは洗顔不足です」。プロの言うことだからと更に一生懸命洗うものの、一向に治る気配はありませんでした。

肌トラブルの原因は?

そして月日が経ち、メイクの仕事をするようになった頃、「ひょっとして、私のこの小鼻のペリペリは、洗いすぎで乾燥してるからじゃないのか?」と思い立ちました。そこで、洗うよりも保湿に力を入れるようにしたら、小鼻のポロポロがかなり落ち着いていったのです。なんてことでしょう。ずっとプロのアドバイスと思って、一生懸命洗っていたのに、それが全く違っていたとは。

ただ、それでも、小鼻の際はいつも少しポロポロしていたため、解決策を求めてあらゆる保湿化粧品を試していたのですが、満足する結果にはなかなか至りませんでした。

更に年を重ねて悩みは増える

更に年月が経ち、乾燥が気になるお年頃になってくると、冬、右親指にひびが入ることが増えてきました。

私の右親指はいわゆる「まむし指」というもので、爪が横長で爪の角が肉に食い込んでおり、ちょっと乾燥すると、すぐにひび割れが起きます(左は普通の形なので、ひびが入ることがない)。特に冬はつい洗いものでお湯を使ってしまい、乾燥によるひび割れすることが続いていました。それで、軟膏もいろいろ試してみたのですが、なかなか納得する結果が得られません。

その悩みを解決してくれたのが「ワセリン」でした。

そして、ワセリンにはまる

「保湿用にワセリンを使うといい」というのは、宇津木 龍一著「ミクロのスキンケア」を読んだときに知ったのですが(2003年発行なので、もう10年以上前ですね)、すぐ試してみたものの、当時はうまく使いこなせず、「ベタつくのがイヤ」ということで即座にやめてしまいました。

しかし、指のひび割れを通して保湿効果を痛感した私は、「もう一度頑張って顔にも使ってみよう」という気持ちになり、コットンパックの後、ワセリンを顔につけて寝てみることにしました。

そして翌朝、メイクするために鏡を見たら、ん?あれ?あれれ?小鼻の際がつるっとしてるぞ、えー、皮膚がめくれてないじゃん!と、めちゃパニック(笑)。実はそれほどワセリンに期待をしていたわけではなかったので、即座にそれがワセリンの効果だとは思えなかったのです。しかし、どう考えてもワセリン以外に考えられない。けど、ホントに?(疑り深い)と思って、その日の夜もワセリンを顔につけて寝てみました。翌朝、やはり、小鼻の際にポロポロは見られません。ここでやっと「ワセリンは本当にすごいのかも」と思うようになりました。

コスパにも優れているワセリン

ワセリンは、純度が高い商品でも50gで1,000円程度。かつて使っていた美容液の1/10以下のお値段。ごく少量で顔だけでなく、体全体の保湿用に使えますし、花粉症の時期には、鼻の入り口にワセリンを塗ることで、症状を軽減してくれます。

また、ワセリンでの油やけを気にする方がいらっしゃいますが、それは昔の話。今は純度の高い「白色ワセリン」というものがあります。これは紫外線の影響も受けにくく、他の物質とほとんど反応することがなく、化学的に安定しており、体内に入っても吸収されることもなく、便として排出されると言われています。

メイク落としとして、オリーブオイルを使う方もいらっしゃいますが、酸化しやすいオリーブオイルよりも、科学的に安定しているワセリンの方が使いやすいなと感じています。

お値段が安くて、使い方も沢山あるワセリンを、今後も愛用していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です